何度も見直してほしい心コンシェルジュの礎 -存在の仕方と聴き方で相手の本当を映し出す-

何度も見直してほしい心コンシェルジュの礎 -存在の仕方と聴き方で相手の本当を映し出す-

相手の表に出てくることの奥に
深い深いその人の姿があります。

その人の本当の本当の本当のこと。
しかも、本人すらも分からなかも
しれないぐらいのところを

お互いがそこを見合って
鏡になって交換できることが

知らない人を知るんじゃなくて
知らない私をこの人が知らせてくれる

だから私が、なるべく真っ直ぐな心、
真心がというものがあれば

真っ直ぐな鏡になって
綺麗に相手を映し替えてあげることができる。

心コンシェルジュを生きるということは
何かに、いつの間にか変わってしまった
自分の本当のところに帰ってくるような

余分な考えとか、
囚われとかを削ぎ落としていって

ただただ存在するだけで
お互いが感じあえるもの。

なろうとするとか、
何か部分的なことに捉えようとするではなくて
ただただ存在していることを
存在しているままにした時に

私というものをはるかに超えているんだという、
そういう意識を改めて持つ…..

わっきゃいカテゴリの最新記事