重職心得箇条 第11条

重職心得箇条 第11条

才能があっても役には立たない=才能があっても表に出さない? 土=引力=重職向き 寛容・実践があるか?南方に伝達本能があるか?元老・官僚か?
30:自分に厳しく、他人を責めない。 51:政治の大事な所を治める。小さい所は任せる。小さい事に心を乱されない。(任せる能力) 105:役に立たない物はない。気持ちを広く持ち、部下を信頼する。
① 承認力(部下に任せる力・部下を認めてあげる力) ②細かいことを言わない(一度任せたら、細かい事は言わず、見守る姿勢を貫く) ③存在価値を認める(部下の自己肯定感を下げない。それがチャレンジする個・組織を作る)
ミスした時に、指摘は当たり前だが、感情的にならない。そんな上司に報いたいと思う。
存在価値を認める。その価値は相手の無意識に発する言葉に潜んでいるので、それを汲み取る。
感情的になりそうな所をグッとこらえる。
リーダーと部下がよくコミュニケーションを取れている組織。リーダーが寛容だった。人一倍努力をしている人。 そう言う上司だと、部下も安心してチャレンジできる。
00:17:34 数理暦学 協会: 小さい事をおおげさにとらえて、こせこせ、がつがつしてはいけない。あらゆる人を包容しなければならない。

土性の気質、ひとを惹きつける質があると重職向き
土の質 蓄積、寛容

官僚、元老があるかどうか。

自分に厳しく 他人を責めない 第30条
どこまでちゃんと自分が出来ているか。

大切なことだけを把握しておさめる。
小さなことは任せていく能力が必要である。

気持ちを大きく持つこと、部下を信頼すること

承認力を高める(任せる力)承認する 認めてあげる力
細かい事を言わない
部下に失敗させる
寛大さ
部下が失敗してもチャレンジさせる

指摘するのは当たり前だがとがめない
反省していれば 指摘されても自己否定しない

存在価値を認める 大前提

わっきゃいカテゴリの最新記事