No.130 Calligrapher in Tokyo

No.130 Calligrapher in Tokyo

書道の先生をしております

子供の頃から書道が好きで
きっかけと言うか 近所の書道の先生が年配になりまして 生徒さん達が次 習いに行くところがなかったものでそれで30人ぐらいを引き受けました
それが初めです

仕事で最も大切にしていることは 自分の力をつけることと それから生徒さんが楽しく勉強できるようにすることです

最も深い充実感というのは 作品を作って たくさん書くし でもなかなか思うようにはできないし それでもやっぱり楽しいことで 充実感がありますね

何のために書道やってるかって言うと 嫌でないし みんながある程度認めてくれて だから何のためにって言っても まぁ自己満足かしら

学生だった頃は仕事がこれになるとは あまり思ってなかったですけれども
大学の受験に失敗して 仕事に就職するようにという風に学校から言われて
銀行で採ってくださったので 6年勤めて結婚が決まったので終わりになったわけなんですけどね

理想がどうだったとか あまり自分から「これをやりたい」っていうような感じはなかったです

自分から発奮してなにか仕事をするっていうようなことは私には足りなかったと思います
流れているままに行って衝突するところが特別なかったから 避けて避けていくっていう風に流れてたもんですから

自分でやりたいことが分からない時には そうねやっぱり
いろいろ詮索して 親でも先生でも 他人でも嫌いな人にも聞いて
やっぱりいろいろ情報を集めて 自分でやっぱり決めないと駄目ですね
自分の好きなことばっかりじゃ 幅広くならないからそう思います

「これやりたいな」と思っても 「できない」「できなかった」 「これ駄目だ」って思うようなことは
しっかり分かるまで少し努力をしないと 表面だけ見てね 「あぁ良さそう」「あぁ駄目」ってならないようにあの深く考えたほうがいいと思います

自分の仕事としてこれからやっていこうという人は「自分はこれでできる」って言う感じを稽古してる中で受け止めるところありますよね
だからそういうことに気がつかないから 自分のやりたいことわかんないわけよね

新しい方を向いたらそこで少し気を入れて そうやるよりしょうがないですね
ちょっと我慢してちょっと努力したら「あぁ開けた」っていう風になる場合が往々にしてあると思いますよね

monologue365 in Tokyo winter 2020
www.monologue365.jp

わっきゃいカテゴリの最新記事